合成成分は肌にストレスを与える

合成成分とは

合成成分は肌にストレスを与える化粧品やその他の肌ケア製品を調べていると、合成であったり合成成分と言った表現をよく目にします。一方天然という表記を目にすることもよくあります。これらの表現の意味について少し解説します。

まず先に天然成分についてです。こちらについては字からして、イメージしやすいでしょう。天然成分とは自然界に存在する天然の成分から作られたものです。基本的に化学的なプロセスが行われず、合成や分解などを加えていません。

似た様な表現で天然由来成分というものもあります。由来とあるように、天然そのままではなく化学的なな処理を加えた成分です。

そして化学合成成分は石油などの原料から人工的に生成された成分です。ほとんどの人は天然という言葉がつくと、より安全で肌にやさしいというイメージを持つことでしょう。一方化学という言葉が入ると、安心感が薄れてしまいます。

化学合成成分のメリット

化学合成成分=悪というわけではありません。しかしメリットとともにデメリットも目立つのが化学合成成分です。先にメリットについて触れると、化学合成成分は低価格なのが魅力です。

大量生産が可能なため、コストが抑えられ、購入しやすいのが特徴です。商品の質も均一化しやすいのもポイントです。また長期保存が可能で、品質管理が比較的簡単で、感触も良くなっているなど、調整されている感がよく出ます。

化学合成成分のデメリット

一方デメリットは、肌にストレスを与える可能性があるということです。石油を原料とした界面活性剤は肌への浸透力が高い分、逆にくすんだりシミを作ったりする事があるという指摘があります。

石油そのものは様々な生活用品に使われているなじみがあるものとはいえ、皮膚につけるとなると少し心配な原料です。かつて化学系の化粧品がいろいろな問題を起こした結果、厚生労働省が表示指定成分というシステムを作ったことがあります。

アレルギーのリスクがあるとされ、指定された成分の多くは、石油由来の合成成分だったと言われています。現在は、成分を全て表示する事が義務付けられるようになっています。使ったらすぐに皮膚疾患が出るということはもちろんないです。

しかし、パラベンやタール色素など、肌にストレスを与える可能性があるとして「注目」される成分は今でも使われています。そのため、消費者はそれぞれよく成分を確認したうえで購入するよう意識しなければなりません。

極端に心配する必要はないものの、敏感肌の人やアレルギー体質の人はより注意が必要でしょう。もちろん天然成分だとアレルギーが絶対出ないわけではありません。

しかし、やはり工場であったり産業、汚染のイメージがどうしても強い石油由来成分などは敬遠されがちです。