クリームのベタつきがスマホにつかないようにする方法

クリームのデメリット:ベタつき

クリームのベタつきがスマホにつかないようにする方法肌ケア用品を使う時に一番気になることの一つは、何と言ってもベタつき感でしょう。クリームに限らず、オイルやジェルについても同じ事が言えます。

せっかく肌に塗布しているのに、ベタついて取れてしまったら効果が薄れてしまいます。また手にクリームをつける場合は、いろいろなものに触れた時にクリームが付着してしまう恐れもあります。

例えばスマホをいじっていて画面にくっついてしまうということがありえます。クリームのベタつきをおさえるためにはどうしたら良いでしょうか。

クリームのベタつきを抑える方法

クリームで手がべたべたしないためには、まず塗り方を工夫しないといけません。適量を塗るためには、小指など小さな指先で取ると自然と量を抑えられるようになるでしょう。クリームは少量のように見えて伸びがよいものがあります。

「これだけでは足りない」と思っていても、実は多すぎるということもあるため、最初は特に「少なめに」取るのがポイントです。オイルタイプの場合も、手のひらに取ろうとすると出し過ぎてしまうきらいがあります。

指先で軽く「すくう」イメージでいると良いかもしれません。手に取る時にいつも同じ指先を使うと、量の計算が分かりやすいため、塗りすぎを防げるでしょう。

いきなりクリームを塗る前に、まず化粧水を使うという方法もあります。化粧水を使うことでクリームの伸びが抑えられるからです。伸びが良いと、自然とクリームの塗り過ぎを抑えられるようになります。これにはベタつき防止とともに、使いすぎを防いでコスパを良くするというメリットがあります。

ベタつきがもともと少ないクリームを選ぶ

上記の対策とは別に、最初からベタつきが少ないと言われるクリームを選択するのも良い方法です。口コミ情報で、使い心地についてコメントがされているものを探して、評判の良いものを選ぶようにしてください。

いぼ対策クリームやオイルの中には、最初はベタついているように感じたものの、少し時間が経ったら感触が良くなったというものもあります。

効果が一番大事な点とはいえ、使った感触も重要なポイントです。購入前には事前に口コミチェックを忘れないようにしましょう。

ベタつきにくいクリーム(オイル)

ベタつきにくい用品を一つだけご紹介します。それは「アプリアージュオイルS」という商品です。このオイルは南フランス産の杏仁オイルにこだわったオイルで、杏仁エキスのパルミトレイン酸やオレイン酸、ビタミンB17などに注目している用品です。

アプリアージュオイルSの使用感に関する口コミを少しだけのせておきます。

「アプリアージュオイルSはベタ付かず、肌にしっかり浸透して、表面にヴェールを覆ったような膜を張ってくれました。」
「アプリアージュオイルSは、オイル特有のベタつき感や、油やけの心配がいりません。」