自分の肌質チェック方法とクリームの選び方

自分の肌質はどうやって分かる?

自分の肌質チェック方法とクリームの選び方肌の色が人によって異なるように、肌質も人によって個人差があります。よく肌質は乾燥肌ドライスキンや、普通肌、混合肌、オイリー肌(脂性肌)の4つに分けられます。

少しだけこれらのタイプについて説明すると、乾燥肌肌がかさかさしていて、皮がむけたりかゆみがあったりする肌質です。皮脂が少なく水分も少ないのが特徴です。

普通肌皮脂が少なめながら水分が多く、肌がしっとりしていてかさつきもあまりありません。キメが細かい肌をしています。

混合肌かさかさしたりべたついたりする肌です。皮脂が多く水分が少ないのが特徴です。

オイリー肌は肌のベタつきがあり、吹き出物が出来がちな肌です。水分は多めで皮脂も多めです。一般的に言う健康な肌とは、普通肌のことです。水分が多く肌が潤っていて、油分はそこそこにある状態が理想です。

肌質をチェックする方法

肌質チェックをするには次の方法が使えます。まず洗顔をします。その後そのまま10分間ほど何もせずに放っておきます。10分たったら顔の状態をチェックします。

もしTゾーンだけがテカっているのに、頬や目元や口元が乾燥しているとしたら混合肌の可能性があります。もし全体的にテカりが目立つようならオイリー肌と判断できます。Tゾーンにすらテカりがない場合は乾燥肌の可能性があります。

肌のつっぱりがなく、特にテカりも目立たない場合は普通肌と言えます。

診断ツールも活用できる

化粧品の会社の中にはスキンチェックができるサイトを展開している所もあります。

例えばオルビスはいくつかの質問を通してどのタイプの肌をしているのかをチェックしてくれます。1,000以上のパターンから自分のパーソナル診断をしてくれるため、とても気軽にチェックできて楽しいです。

クリームの選び方

混合肌の人は乾燥を避けるために、保湿成分に優れたクリームやオイルまたはジェルを使用する必要があります。また乾燥肌の人の場合も同様に保湿を意識したケアが必要です。

脂性肌の場合は過剰に皮脂が分泌されているのが原因です。そして過剰分泌は乾燥が要因となっている場合が少なくありません。そのため、余分な油脂を落としたうえでしっかり保湿をすることが理想的です。

ちなみに、いぼ対策クリームは基本的に、肌の角質に働き変えて肌をみずみずしく柔らかくすることを目的にした成分が配合されています。具体的には杏仁エキスやヨクイニンエキスなどです。

そのため、いぼクリームの使用が、同時に一般的な肌ケアにつながることも期待できます。いぼケアクリームはさらに美容成分を含んでいることもよくあります。

総合ケアの必要を感じている場合は、いぼケアクリームによるアプローチを試してみるのも良いでしょう。