指のいぼを減らすための生活習慣

いぼって生活習慣と関係があるの?

指のいぼを減らすための生活習慣いぼと聞くと、ウイルスによるものをイメージする人はたくさんいると思います。確かに指のいぼの原因はヒトパピローマウイルスなどに感染することで起きる尋常性疣贅じんじょうせいゆうぜいであることが少なくありません。

しかし、いぼは悪い生活習慣によっても発生する可能性があります。他の疾患についても言えるように、どんなものを食べ、どんな睡眠を取るかといった要素は肌の健康にも影響します。

いぼを発生させるかもしれない生活習慣

では、いぼが発生する原因となるのは、具体的にどのような生活習慣によるものなのでしょうか。一連のものを挙げると、寝不足、食生活の乱れ、運動不足、タバコ、ストレスなどが挙げられます。

ではもう少し詳しく、それぞれの要素を見てみましょう。

まず寝不足についてです。体は適切な睡眠によって疲労を回復します。良い睡眠が取れると体には成長ホルモンが分泌されます。

この成長ホルモンによって肌の再生が促され、ハリや弾力をキープするのに必要な組織の水分を守ります。そしてターンオーバーが促進されます。そのため寝不足は禁物です。

食生活の乱れについては、栄養素の低い食事ばかりしてしまうことが問題です。野菜に含まれる栄養素は美肌を守るのに欠かせません。例えばビタミンEやビタミンCには抗酸化作用があります。

この作用は、老化を促すとされる活性酸素に抵抗するものです。そのため、肌の老化防止に作用します。またビタミンCは、肌のたんぱく質やコラーゲンの生成にも重要な機能を果たします

ビタミンAは天然保湿因子の生成を促します。また皮膚を正常な状態に保ちます。これらの栄養素をしっかり摂ることで、健康な皮膚が守られます。

タバコについては、ニコチンの影響で血管に悪影響が出て、肌細胞への酸素の供給に問題が起こります。そのため、ターンオーバーが乱れてしまう事があります。

運動不足は、血流の悪化を引き起こします。そうなってしまうと、老廃物や毒素の排出がうまくいかず、また栄養素の伝達もうまくいかなくなります。それによって、ターンオーバーの乱れが起きます。

最後に、ストレスは自律神経を乱します。それによって、ターンオーバーも連動して乱れてしまいます。またストレス過多は血行も悪くします

生活習慣の改善もいぼ対策のひとつ

いぼ除去というと、いぼ対策クリームの使用や、病院での液体窒素療法と言った外的な対策がすぐに思い浮かぶかもしれません。

しかし食生活や睡眠習慣、ストレス解消など、普段の生活環境を改善させるという内的な対策も重要です。総合的な対策を行う事で、より効果的ないぼ除去の効果が期待できるようになります