肌質改善に必要な食生活は?

肌質と食生活は関係あるの?

肌質改善に必要な食生活は?肌の質を改善するとなると、外的な刺激から皮膚を守る事が先決です。紫外線をはじめとして、肌に悪影響を与えてしまう要素はいろいろとあります。まず外側からのダメージをシャットアウトすることで、肌のバリア機能を守る必要があります。

しかし同時に、内側からのケアも欠かせません。例えば、食生活を改善することです。食べものは、人の体をつくる材料となります。建築では材料が悪いと良い家は作れません。

同じように、体に良いものを取り入れると、肌をつくりあげる細胞にも良い影響がもたらされます。肌と食事はあまり関係性が近いイメージが無いかもしれません。

しかし実際には、密接な関係があります。食生活の改善を心がけることで、肌質は改善されるでしょう

現代社会で問題となる食生活

戦後の日本では、一気に欧米風の食生活が浸透するようになりました。その結果、動物性のたんぱく質や脂質の摂取が増えました。一方減ったのは、食物繊維の摂取量や炭水化物などです。

また最近では若者に関してよく見られる事として、野菜や果物の摂取が減っているとされています。飽食の時代と言われながら、栄養素の偏りがある現代社会は、栄養失調が心配される世の中になってきています。

肌に良い食生活とは?

肌に良いとされる食生活を意識するために、まずは肌に良い栄養素について学んでみましょう。まずはビタミンCです。ビタミンCが肌に良い事はよく指摘されます。

ビタミンCは抗酸化作用があり、肌の老化を促すとされる活性酸素に抵抗する作用があります。またコラーゲンが合成されるのを助ける、酵素の働きをサポートします。メラニン色素の付着を妨げるのもビタミンCの働きです。

あまり目立たない存在ではありますが、ビタミンAも実は大切な栄養素です。ビタミンAは皮膚を作る細胞や機能に関わりがあります。不足すると肌の保湿効果が薄れ乾燥肌を招きやすくなります。

みずみずしい肌をキープするには欠かせないものです。ビタミンBは代謝と関係します。新陳代謝が良くなることで肌の状態も改善されます。

たんぱく質の摂取も大事です。たんぱく質というと筋肉を作るイメージが強いかもしれません。しかし、たんぱく質の一種であるコラーゲンは肌と大いに関係があります。コラーゲンがあると肌にハリや潤いが保たれます。

また最近知名度が高いものとしてヒアルロン酸も無視できません。このヒアルロン酸は、保湿や肌のぷるぷる状態をサポートすると言われています。コラーゲンの合間をヒアルロン酸が埋めることで肌を健康に保ちます。

これらの栄養素の摂取をしっかりと意識した食生活を目指しましょう。