添加物や香料がないクリームが一番安全

添加物で危惧される事

添加物や香料がないクリームが一番安全肌ケア用品を使う時に、しっかり押さえておくべきポイントがいくつかあります。多くの人はまず効果について考えます。そして使った感触や香りといったポイントもチェックするでしょう。価格も大事な項目です。

これらの要素は、これからしばらく使う事になるクリームだけに、選ぶ際には重視したいポイントです。効果がある商品を購入するかについて決める、最大の決め手になります。

また使い勝手が良い事も気持ち良く続けるためには大事ですし、値段もそれなりにリーズナブルであるに越したことはありません。しかしある意味、価格や使い心地よりも重要なポイントがあります。

それは安全性という要素です。副作用はないか、アレルゲンにならないかといった事や、成分に余計な添加物や香料がないかも知っておきたいポイントです。

心配な添加物や香料

肌ケア用品にはいろいろな添加物が含まれている場合があります。添加物=悪者というわけではないものの、中にはリスクがあるとされるものがあります。

有名な所でいうと、フェノキシエタノールやメチルパラベン、タール系色素、アニスアルデヒドなどがあります。全ての成分をあますところなく調べるのは難しいとしても、いろいろな用品に共通する成分くらいは調べておくと良い判断基準になります。

いくつか具体的な例をあげてみます。合成界面活性剤と呼ばれる種類の添加物は、皮脂を溶かしたりたんぱく質に働きかけて乾燥を引き起こすと言われることがあります。またアトピーの原因になったりするとも言われています。

またパラベンという成分は防腐剤として使われる成分で、健康な皮膚に接触しても問題はありません。しかし、荒れた肌に接触するとアレルギーを引き起こす場合があります。使用量の上限が決められているのもチェックポイントです。

香料についても極端に心配する必要はありません。しかし、アレルギーや敏感肌の人の場合は何らかの反応が起こる可能性が指摘されます

余計な添加物や香料がないものを選ぶとベター

添加物や香料が全て悪いわけではありません。中にはそれら添加物があることによって、多少使い心地がよくなるものもあると言えます。しかし、それがないと絶対使用感が悪いというわけでない限り、添加物や香料が含まれていないものを選んだ方が無難とも言えます。

特にアレルギー体質の人や敏感肌の人の場合は、配合されている成分が多すぎると、そのどれかに反応が起きるリスクが高くなるでしょう。そのため、あまりいぼには関係なさそうな添加物が入っていないものの方が安心でしょう。

もし仮に何らかの添加物が入っているものを使う場合は、必ずパッチテストを念入りにしてから使う様にしてください。